ウイングアーク、StraForm-Xに複合ドキュメント機能を追加

CNET Japan Staff 2005年12月09日 08時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアークテクノロジーズは12月8日、情報共有のために業務文書をウェブ化するツール「StraForm-X(ストラフォームエックス)」に「複合ドキュメント機能」を追加したことを発表した。標準価格は、10万円〜50万円。同日より出荷を開始する。

 StraForm-Xは、紙やMicrosoft Excel/Wordなどの申請書、報告書のほか、あらゆる業務文書/帳票を、現在使用している仕様のままノンプログラミングでHTML化できるツール。入力したデータはXML仕様でサーバに蓄積されるため、柔軟な検索が可能になる。

 今回発表された複合ドキュメント機能は、StraForm-Xで作成した複数のドキュメントから必要なデータを指定し、指定したデータから新たなドキュメントを生成する機能。たとえば、損害保険業界で保険料の支払いが発生する際、保険申込書、事故報告書、保険金支払書の3種類のドキュメントから、新たな管理ドキュメントを作成したい場合などに、複数のドキュメントに紐付くデータを組み合わせて新規ドキュメントを作成することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?