百十四銀行、IPAと提携で「百十四IT戦略化ローン」を開発

CNET Japan Staff 2005年12月09日 18時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と百十四銀行は12月9日、IT産業の支援および企業のIT化支援について提携したことを発表した。百十四銀行は、その一環としてIPAの債務保証付無担保融資商品「百十四IT戦略化ローン」を開発。12月12日より取扱を開始する。

 IPAと百十四銀行は、IT産業の支援および企業のIT化を支援することを目的に提携した。IPAはIT分野における技術評価のノウハウを提供し、百十四銀行は地域に密着して顧客選定、対応を行う。

 資金調達面での具体的な支援策が、百十四IT戦略化ローン。百十四銀行は、IPAの部分保証(95%)を活用し、情報処理サービス業/ソフトウエア業および一般企業がプログラムの開発または情報処理技術者の教育/研修などに必要な資金を無担保かつ優遇金利で融資する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから