11月のスパム数と増加率は2005年中最悪に--サイファートラストが発表

エースラッシュ 2005年12月12日 18時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CipherTrustは12月9日、「IronMail」ゲートウェイ・セキュリティ・アプライアンスのグローバル・ネットワークを通じて収集したメッセージの動向分析結果を発表した。

 分析によると、11月はスパムメールの量および増殖の勢いがともに2005年中で最高となった。スパムメールが急増した主な原因は、最新ウイルス「Sober」に感染したゾンビ・コンピュータだとしている。

 11月のスパムメールの動向は、3日に「Mytob」と「Bagle」の発生によって1晩で8%以上の増加があった後、21日にはSoberの感染拡大によって15%以上の増加があるなど急速に増加している。また米国の感謝祭と重なる週末には、前週末と比べて25%の増加が見られたという。

 同社では新たに感染したゾンビ・コンピュータを最近の6カ月間に1日平均17万台特定。Sober発生以降は新しいゾンビ・コンピュータの数が50%近く増加し、新たに感染したIPの総数は1日平均25万件を超えたとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!