サイバネテック、RAID構造のNAS「SuperPhoenix-IIシリーズ」発売

エースラッシュ 2005年12月09日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバネテックは12月9日、RAID構造のNAS「SuperPhoenix-IIシリーズ」を発売した。

 SuperPhoenix-IIシリーズは「SuperPhoenix-?2803」「SuperPhoenix-?2123」「SuperPhoenix-?3163」の3つがあり、それぞれにLinuxベースのNAS OS「ProNASver.1.1」と「WSS2003 NAS OS」搭載モデルが用意されているため、合計で6機種となる。

 SATA−II HDDベースにIntel i80321 64bit RISCを装備したハードウェアRAID構造を持つほか、メインシステムCPUにはSingle/Dual−Xeon 3.0GHzを搭載。フォームファクタは、2803と2123が高さ2Uの19inchラックマウント筐体で、3163が高さ3Uの19inchラックマウント筐体となっている。ProNAS version 1.1搭載モデルでは、Voluem Snapshot/Voluem Replication/HAクラスタリング/1ボリューム2TBの制約解除などの各機能が追加された。

 価格は、ProNASver.1.1搭載のSuperPhoenix-?2803NASが149万5000円〜、WSS2003 NAS OS搭載のSuperPhoenix-?2803WSSが169万5000円〜。なお、出荷時期については今月末を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!