エム・ファクトリー、PCの各種ポートを制御する情報漏えい防止ソフト

ニューズフロント 2005年12月12日 14時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エム・ファクトリーは12月12日、USBポートやCD/DVDドライブなどPCの各種データポートを管理することで情報漏えいを防ぐソフト「Safend Auditor」と「Safend Protector」の販売を開始した。

 Safend Auditorは、クライアントPCで使用されているデバイスをネットワーク経由で調査するソフト。個々のクライアントPCについて、過去6カ月間に使われたポートとデバイスの種類を調べることができる。調査にあたってクライアントPCにプログラムをインストールする必要はなく、導入、調査がスムーズに行える。

 Safend Protectorは、Safend Auditorの調査結果を参考にして、クライアントPCの各種ポートを制御するツールである。Active Directory環境では、コンソールから一斉に各クライアントPCにデバイス制御ポリシーを適用できる。組織(OU)単位、マシン単位、ユーザー単位などのポリシー設定も可能。デバイスのタイプや機種ごとに接続を許可、不許可、読み込み専用にするといった設定が可能で、クライアントPCのデバイス使用履歴も集められる。

 制御可能なポートは以下のとおり。

  • 有線インターフェース:USB、FireWire、PCMCIA、パラレル、シリアル
  • 無線インターフェース:Wi-Fi、Bluetooth、IrDA
  • リムーバルストレージ:CD/DVD、フラッシュドライブ、Zipドライブ、フロッピードライブ、テープドライブ

 税別価格は、Safend Auditorが14万4000円から、Safend Protectorが1クライアント当たり4980円。エム・ファクトリーでは、初年度8万ライセンスの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?