日本BEAシステムズ、「BEA WebLogic SIP Server 2.1J」出荷開始

エースラッシュ 2005年12月12日 19時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは12月12日、J2EEとSIPに対応するIPマルチメディア・サブシステム(IMS)アプリケーション・サーバである「BEA WebLogic SIP Server 2.1J」を出荷した。

 BEA WebLogic SIP Server 2.1JはキャリアグレードのIMSアプリケーション・サーバであるため、通信事業者のIMSベースの次世代ネットワーク・アーキテクチャ導入を可能にする。J2EEとSIPサーブレットコンテナを統合しているため、JavaベースのSIPアプリケーション開発が可能で、IETF SIP RFCおよび3GPP RFCの拡張機能もサポートしている。

 BEAの推奨リテール価格表に基づくライセンス料金は、1サーバあたり税別で2760万円からとなっており、具体的な価格は、システム規模や構成案件などによって異なる。BEAおよびパートナー企業から販売される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから