NECグループ、インドで設立のソフトウェア開発合弁会社が操業開始

CNET Japan Staff 2005年12月13日 02時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECおよびNECシステムテクノロジーは12月12日、インドで新会社「NEC HCL System Technologies Limited」の操業を開始したことを発表した。NECグループは2005年6月より、インドのITサービス大手、HCL Technologies Limitedと高度なソフトウェア開発を行う合弁会社の設立を発表し、準備を進めてきた。

 新会社は、NECグループがインドで初めて設立した開発事業拠点。デリー郊外のノイダ市にあるソフトウェアテクノロジーパークに本社オフィスを設置する。設立当初は約50人の体制でスタートし、3年後に300人を超える規模に拡充する計画だ。

 設立からしばらくは、NECおよびNECグループ会社向けのセキュリティ分野や組み込みソフトウェア分野、ネットワーク関連分野のソフトウェア開発、ハードウェア開発設計、ソフトウェア領域における研究開発などを行う予定。将来的には自社製品の開発も視野に入れている。

 また新会社は、神奈川県川崎市中原区にあるNECの玉川ルネッサンスシティ内に日本支店を開設し、NECおよびNECシステムテクノロジーとの連携を深めることで、事業の早期立ち上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!