センドメール、送信ドメイン認証対応ゲートウェイソリューションパッケージを提供開始

エースラッシュ 2005年12月14日 17時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 センドメールは12月14日、企業やISPが送信ドメイン認証対応のメールネットワークを容易に構築、運用できる送信ドメイン認証対応「ゲートウェイソリューションパッケージ」を、12月19日より提供開始すると発表した。

 今回提供されるゲートウェイソリューションパッケージは、メールゲートウェイシステムとセキュリティ管理システムに、必要な設定ファイルのテンプレートをセットにしたもの。1000アカウント以上のライセンスを購入した場合には、4日間の無償コンサルティングも提供される。

 メール配信サーバ「Sendmail Switch」とメールセキュリティ管理の統合プラットフォーム「Sendmail Mailstream Manager」をベースに、送信ドメイン認証に対応させるためコンサルティング、スパムフィルタリングをするためのポリシーテンプレートやメール転送やメーリングリスト利用の書き換え処理などに必要なテンプレートなどを提供する。送信ドメイン認証は、現時点ではSenderIDのみをサポートしているが、DomainKeys(またはDKIM)も順次サポートする予定だ。

 そのほか、自社のネットワークから迷惑メールを送信しないための対策「ポート25ブロッキング」を実施するため、「Message Submission(587)ポート」および複数サーバをLDAPで統合する大規模サイト向けの「SMTP AUTH設定ファイル」も提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!