日立ソフト、指静脈認証システム「静紋」用の認証サーバを開発

エースラッシュ 2005年12月14日 21時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトは12月14日、指静脈認証システム「静紋」の認証サーバを開発したと発表した。出荷は12月22日からとなる。

 日立はPCログインやネットワークアクセス管理者用途向けに、静紋を2003年から販売している。今回開発された認証サーバは、これまでクライアントPC毎の設定が必要だった認証情報を管理端末から登録し、サーバ側で一元管理するものだ。認証情報登録やログ情報取得といった運用管理におけるシステム管理者の負担を軽減し、運用管理コストの低減を目指す。

 価格は以下のとおり。すべて税込となっており、ハードウェア費用は含まれていない。

  • 静紋 認証サーバメディアパック:2100円
  • 静紋 サーバパック( 100ユーザーライセンス):176万4000円
  • 静紋 サーバパック( 500ユーザーライセンス):278万2500円
  • 静紋 サーバパック(1000ユーザーライセンス):388万5000円
  • 静紋 サーバパック(5000ユーザーライセンス):1228万5000円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!