日本ベリサイン、時刻認証局向けのタイムスタンプ用電子証明書を提供開始

ニューズフロント 2005年12月15日 16時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは12月15日、e-文書法に対応した時刻認証局(TSA)向けのタイムスタンプ用電子証明書「TSA対応企業用電子証明書」を提供開始した。TSAとして時刻認証サービスをする事業者やTSAを自ら運用する企業や組織を対象とする。証明書の有効期間は10年。税込み価格は78万7500円となる。

 この電子証明書で署名されたタイムスタンプの受信者は、タイムスタンプの発行元が日本ベリサインに認証された企業や組織であると確認できる。さらに、タイムスタンプに記された時刻にそのデータが存在していたことと、その時刻以後に改ざんされていないことの確認も可能だ。

 なお、セイコープレシジョンはTSA対応企業用電子証明書を採用し、タイムスタンプ提供サービス「セイコーサイバータイム時刻認証サービス」を12月15日より開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから