ラック、「Cisco ASA5500シリーズ」の監視・運用マネージドセキュリティサービスを開始

エースラッシュ 2005年12月15日 18時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラックは12月15日、シスコシステムズの適応型セキュリティアプライアンス「Cisco ASA5500シリーズ」を監視・運用するマネージドセキュリティサービスの提供を開始した。

 今回のサービス提供は、ラックとシスコシステムズが締結しているマネージドセキュリティパートナー契約に基づいた協業となる。ラックのセキュリティオペレーションセンターである「JSOC」により、ユーザーに対して安全なネットワーク環境の提供を目指す。

 監視によって、IPSおよびファイアウォールのログを統合的かつリアルタイムに分析して脅威を発見し、被害を未然に防ぐことが可能だという。また、JSOCで収集している統計データやインシデント発生時の緊急対応など、トータルなセキュリティ対策支援とアドバイスを提供する。

 価格はオープンプライスで、年間契約が基本となる。直販のほか、ネットマークスおよび住商情報システム、インフォセックなどのパートナーを通じて販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!