ジー・サーチ、検索製品「Google検索アプライアンス」を販売開始

エースラッシュ 2005年12月15日 18時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジー・サーチは12月15日、Googleの検索技術を導入した企業向け検索製品「Google 検索アプライアンス」の販売を開始した。

 Google検索アプライアンスは、検索の作業効率アップにより生産性の向上を図る検索製品だ。社内におけるプロセスの短縮や、ウェブサイトを訪れたユーザーに対して最適なナビゲーション機能を提供することができる。また、ハードウェアとソフトウェアが統合されているため、導入時のセットアップ作業や稼働環境の構築作業が大幅に軽減される。ブラウザを使った環境設定では、リンクを巡りながら各ドキュメントのインデックスを作成する「クロール設定」の指定により、設定の翌日には利用が可能だ。そのほか、豊富なカスタマイズ機能やサポートメニューの充実も特徴といえる。

 具体的な機能としては、ウェブサイト上またはイントラネット上における1500万以上のドキュメントに対応するほか、Office文書やPDF、CADデータを含む220種類以上のファイルタイプからの検索が可能だ。システムは検索データベース、コンテンツ管理システム、 サードパーティのアプリケーションが統合されており、日本語/英語/フランス語/イタリア語/ドイツ語/スペイン語の6言語で管理や設定が可能だ。MS-SQLServerやOracleなどのデータベースおよびLotus/Dominoサーバも検索できる。

 フリー検索との相違点は、広告の非表示や自由なクロール頻度の設定、キーマッチ/類義語/フィルタ機能、検索結果ページのデザインカスタマイズなど。価格は2年間のライセンス契約で、対象ドキュメント数50万の「GB-1001」が620万円、オンサイト・アウトソーシング価格で月額30万円となっている。なお、この価格にはハードウェアやソフトウェア、メンテナンス、メーカーサポートが含まれる。

 ジー・サーチでは、Google検索アプライアンスにおいて今後2年間で100社の獲得および6億円の売上を、関連ソリューションサービスの提供で30億円の売上を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR