MS、「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」日本語版をMSDN会員向けに提供開始

エースラッシュ 2005年12月15日 19時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは12月15日、統合データ管理プラットフォーム「Microsoft SQL Server 2005 日本語版(SQL Server 2005)」と統合開発環境「Microsoft Visual Studio 2005 日本語版(Visual Studio 2005)」の開発が完了したことを発表した。2006年2月1日にボリュームライセンス製品を発売し、3日にパッケージ製品を発売する。

 今回発売されるSQL Server 2005とVisual Studio 2005は、32bitプラットフォームだけでなく64bitプラットフォームにも完全対応している。また、.NET Framework 2.0を基盤として密接に統合し、企業や組織における信頼性や柔軟性、開発生産性の高いシステムを実現するという。

 製品の発売に先駆けて、開発用のソフトウェアやサービスを包括的に提供する「Visual Studio with MSDN Subscription」の会員向けに12月15日よりダウンロード提供を開始した。また、一般ユーザー向けには簡易版である「SQL Server 2005 Express Edition」および「Visual Studio 2005 Express Edition」の無償ダウンロード提供を開始している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから