ノーテル、次世代光伝送装置「Nortel Optical Multiservice Edge 6500」を発表

CNET Japan Staff 2005年12月16日 08時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノーテルネットワークスは12月15日、通信事業者向け光伝送装置の新製品「Nortel Optical Multiservice Edge 6500」(OME6500)を発表した。

 この新製品は、ブロードバンドプラットフォーム機能、オプティカルパケットプラットフォーム機能、マルチサービスプラットフォーム機能の3つの主要機能を持つ。メトロ(都市内)向けに多く利用されてきたSONET/SDH方式と、ロングホール(都市間の長距離)向けのDWDM機能を統合し、ネットワークをよりシンプルにすることで運用コストの削減を可能にする。

 光ネットワークにおける広帯域化とマルチサービス統合、カバーエリアの拡大などに適しており、広範囲な光ネットワークを統合し、さらに多様なインタフェースに対応することで、イーサネットやストレージ、デジタル映像などさまざまなサービスを収容できる。

 ノーテルは、同製品の発表で同社のオプティカル製品ポートフォリオを拡充する。出荷は2006年1月に開始される予定。販売は代理店経由。価格は最小構成で1台1200万円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!