住生コンピューターサービス、コンタクトセンター向けSAP短期導入サービスを発表

CNET Japan Staff 2005年12月16日 08時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住生コンピューターサービスは12月15日、SAPジャパンが提供する設定自動化ツール「SAP Best Practices」を活用した、コンタクトセンター向けの短期導入サービス「ALIVIO-IC」を開発したことを発表した。同日より提供を開始する。

 同サービスは、SAP Best PracticesのCRM機能を活用し、主に10〜30席程度の中小規模のコンタクトセンターを対象として提供される。コンタクトセンターで必要とされる業務シナリオや機能をあらかじめ定義し、プロジェクト導入時のシステム設定を自動化することで、導入期間の短縮と低価格化を実現した。対象業務は、問合せ対応、アフターサービス受付、マーケティング、テレセールスの4つ。

 導入期間を2カ月間とする最短パターンでの価格構成例は、ハードウェアを含めて1700万円より。ただし、この価格にはSAPのライセンスは含まれていない。住生コンピューターサービスでは、今後1年間でおよそ10社へのサービス提供を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!