ニューシティコーポレーション、Oracle NeOの不動産投資/開発業界向けテンプレートを採用

CNET Japan Staff 2005年12月16日 08時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中本・アンド・アソシエイツと日本オラクルは12月15日、ニューシティコーポレーションが、同社の日本、米国、韓国に対応した基幹システム構築に「Oracle E-Business Suite」の低コスト、短期の導入ソリューションである「Oracle NeO」を採用したことを明らかにした。11月より運用が開始されている。

 ニューシティコーポレーションは、不動産投資、ファンドマネジメント、資産運用、不動産開発、不動産関連サービス、不動産ビジネスソリューションなどを提供する総合不動産企業。グローバルなネットワークでビジネスを展開している。

 今回の採用されたシステムは、中本・アンド・アソシエイツが提供する「Oracle NeO」の不動産業界向けソリューション「不動産エッセンシャル」。複数言語/複数通貨への対応、賃貸不動産業務に特化したプロパティマネジメント機能の実装、今後の事業発展に対応できるシステムの柔軟性および拡張性が実現できることが評価された。

 導入期間は5カ月。今後ニューシティコーポレーションは、不動産総合ポータルサイトの構築、CRM(顧客管理)、およびHCM(人材マネジメント)などの追加導入を検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから