ウェブアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails」、バージョン1.0がリリース

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年12月16日 16時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースのウェブ開発ツール「Ruby on Rails」のバージョン1.0が米国時間14日にリリースされた。

 Ruby on Railsは、スクリプト言語のRubyを使ったウェブアプリケーション構築のためのツールセット--いわゆる「フレームワーク」である。David Heinemeier Hanssonが開始した同プロジェクトは、生産性の高さが開発者の間で評判を呼んでいる。Heinemeier Hanssonによると、同プロジェクトでは既にバージョン1.1に取り組んでいるという。同氏は以前に行われたインタビューのなかで、Ruby on Railsではウェブアプリケーションの導入と管理を簡単にすることに注力していくと述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!