バラクーダがスパム対策ファイアウォールのファームウェア新版をリリース--OutlookとNotesにも対応

エースラッシュ 2005年12月16日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Barracuda Networksは12月16日、同社の迷惑メール(スパム)対策ファイアウォールアプライアンス「Barracuda Spam Firewall」のファームウェアの新版を日本市場でリリースした。

 新版ファームウェアとなる3.3が適用できるのは、Barracuda Spam Firewallの全製品。ベイジアン解析手法が拡張されたほか、リアルタイムインテント解析、アウトバウンドフィルタリング機能が新たに提供された。アウトバウンドフィルタリング機能が統合され、インバウンド/アウトバウンド両方のメールに対して協力なスパムフィルタリングを行うことができるとしている。

 ベイジアン解析は、学習精度を向上させるためにデータベースに対して新しいベイジアンアルゴリズムを採用したほか、Microsoft OutlookとLotus Notesに対応した新しいプラグインが提供された。

 このほか、LDAPに関するセキュリティ強化とメール配信状況の表示、隔離エリアメッセージ保持期間ポリシーの設定などの機能が追加されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!