システム・テクノロジー・アイ、ETSS対応のiES最新版を販売開始

CNET Japan Staff 2005年12月19日 19時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム・テクノロジー・アイは12月19日、スキル診断、人材育成計画機能、およびEラーニング機能などを搭載したイントラネット版サーバソフトウェアの最新版「iStudy Enterprise Server Ver2.01(iES V2.01)」の販売を開始すると発表した。

 新バージョンでは、ETSSへの対応をはじめとするスキル診断機能の拡張だけでなく、カスタマイズ機能や管理者機能が強化されている。ETSSは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)などが制定する組み込みソフトウェア開発分野のスキル標準。

 プラットフォームは、OSがIBM AIX、IBM i5/OS、Windows 2000/2003、RedHat Linux、Miracle Linux、データベースがIBM DB2 v8.2、Oracle9i/Oracle Database 10g/10g R2、PostgreSQL、Microsoft SQL Server 2000/2005、アプリケーションサーバがIBM WebSphere v6、Oracle Application Server 10gに対応する。

 価格は、エンタープライズエディションのITSS無制限オプションとETSS無制限オプションが各40万円、モバイルオプションが100万円。ユニバーサルエディションのITSS無制限オプションとETSS無制限オプションが各100万円。すべて税別。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!