日本テレコム、全社員のPCに「Adobe Acrobat 7.0 Standard」を導入

2005年12月19日 19時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは12月19日、日本テレコムが完全フリーアドレス制オフィスへの移行にあたり、全社員のPCに「Adobe Acrobat 7.0 Standard」を導入したことを明らかにした。

 日本テレコムの新オフィスは、デジタル&モバイルがコンセプト。全社的にペーパレス化を徹底するために、必要な業務情報を電子化して保存し、紙文書の保存撤廃を目指している。社内で利用するアプリケーションも統一し、高いレベルでの情報の共有化を目指す。現時点で紙の使用量は84%削減され、意思決定のスピードも向上している。

 Adobe Acrobat 7.0 Standardは、あらゆるビジネス文書を簡単にAdobe PDFに変換するためのソフトウェアで、パスワードやデジタルIDによるセキュリティ付与も可能。日本テレコムでは、Adobe PDFの信頼性とAdobe Acrobatの機能性を評価し、Adobe Acrobat 7.0 Standardの採用を決めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから