日本コンピュウェア、Javaアプリケーション性能解析ツールの最新版を発表

CNET Japan Staff 2005年12月20日 17時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コンピュウェアは12月20日、Javaアプリケーション性能解析ツールの最新版「DevPartner Java Edition 4.0J」の販売を開始したことを発表した。

 DevPartner Java Edition 4.0Jは、J2SEやJ2EE環境での開発において、早い段階からパフォーマンスを改善し、高品質で安定したJavaアプリケーションの構築を可能にするJavaアプリケーションの性能解析ツール。ウェブブラウザを使用して、2クリックでJavaアプリケーションのボトルネックを特定できる。

 最大の特長は、使いやすい優れた操作性と即効性。システム開発者は、CPUやメモリの負荷、レスポンス時間、コード実行の網羅率(カバレッジ)を表すグラフにより、Javaアプリケーションのオブジェクト、メソッド、トランザクションの状況を分析することが可能。複雑なJavaアプリケーションのパフォーマンスボトルネックを容易に特定し、問題点の解析、分析を短期間で可能にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR