マウンテンビューデータ、PowerCockpitベースのLinux管理ソフト最新版を発表

CNET Japan Staff 2005年12月20日 17時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウンテンビューデータは12月20日、Linuxサーバ管理用ソフトウェアの新製品「PowerCockpit Remote Control 2.1」の販売を開始したことを発表した。

 PowerCockpit Remote Control 2.1は、大規模サーバの運用管理で多くの導入実績がある「PowerCockpit」のモジュールをベースに、「一括管理」の機能を集約させたソフトウェア。数台から数百台のLinuxサーバ環境の管理をターゲットとしている。

 グローバルコマンドやRPM機能を使用することで、複数サーバのパッチアップデート、ソフトウェアインストールを数秒で行うことが可能。同様の環境における手動のサーバ管理と比較すると、数十倍の時間短縮を実現できる。

 価格は、エントリー製品が9800円より。当初はオンライン販売により提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!