DAL、中堅・中小企業向けB2Bソフトの最新版「ACMS Lite V1.2」を発売

CNET Japan Staff 2005年12月21日 09時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ・アプリケーション(DAL)は12月20日、B2B(企業間電子商取引)システム向けのソフトウェア「ACMS Lite」の最新版「ACMS Liteバージョン1.2」を発表した。

 ACMS Liteは、中規模・中小企業向けのB2Bシステム用のソフトウェア。JCA手順や全銀手順などを利用したEDI(電子データ交換)と共に、インターネットをベースとしたEDIでも利用できる。

 最新版のACMS Lite バージョン1.2では、ebXMLメッセージサービス仕様(ebXML MS)およびSOAP-RPCをベースとしたJEDICOS-XMLメッセージ交換手順をサポート。サーバ/サーバ型とクライアント/サーバ型メッセージ交換モデルに対応できる。

 税込価格は、Standard Editionが9万4500円から、Enterprise Editionが42万円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!