米サンとシノプシス、64ビットSolaris 10のVCS検証ソリューションで協業

CNET Japan Staff 2005年12月21日 19時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Sun Microsystemsと半導体設計ソフトウェア企業の米Synopsysは12月15日、Sun UltraSPARCプロセッサおよびAMD Opteronプロセッサを搭載し、Solaris 10が稼働するSun Fireサーバ上で、SynopsysのDiscoveryベリフィケーションプラットフォームを構成する総合RTL検証ソリューション「VCS」の動作認定を行うことで合意したことを発表した。

 VCSソリューションの検証技術を64ビットのSun Fireサーバと組み合わせることで、次世代システムオンチップ(SoC)の設計における生産性を大幅に向上することが可能。今回の合意により、UltraSPARCプラットフォーム対応のダイナミックトレース技術をはじめ、Solaris 10の各種利点をSunとSynopsysの顧客に提供することが可能。

 

VCSソリューションは、設計、テストベンチ、アサーション、検証IPを独自の単一コンパイラアーキテクチャによりネイティブにコンパイルしているため、シミュレーションと検証を別々のツールで行う場合に比べ最大5倍以上の検証スピードを実現できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!