HP、ペレグリンの買収を完了--日本法人も数カ月で統合へ

CNET Japan Staff 2005年12月22日 02時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Hewlett-Packard(HP)は12月19日、IT資産管理およびサービス管理ソフトウェア企業であるPeregrine Systemsの買収を完了したことを発表した。この買収は2005年9月に発表されたもの。HPはこの買収で資産管理およびサービス管理の製品をHP OpenViewに加え、ITILに対するHP OpenViewの対応範囲と機能を強化する。

 この発表によりPeregrine Systemsは、Todd DeLaughter氏がゼネラルマネジャーを務めるHP OpenView事業部の一部門になる。HPは、AppIQやTrustgenixと買収を続けており、これによりHP OpenView製品のポートフォリオを強化している。

 なお、日本においては、現時点で日本ヒューレット・パッカードとペレグリンシステムズは別法人。今後数カ月で統合される予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?