NTTドコモ、NECのIMS基盤を「プッシュトークサービス」で採用

ニューズフロント 2005年12月22日 16時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月22日、同社の開発したIPマルチメディアサブシステム(IMS)基盤がNTTドコモに採用されたと発表した。NTTドコモは同基盤上で「プッシュトークサービス」を提供していく。

 IMSは、共通のSIPセッション上で多くのサービスを実現可能とし、音声通話とデータサービスを統合させる技術である。NECでは「IMSという共通のサービス基盤を導入することで、通信事業者は今後IPネットワーク向けアプリケーション開発をより迅速に、かつ低コストで実施できるようになる」としている。

 NECのIMS製品群は、第3世代無線インターネット関連の団体である3GPPや3GPP2によって標準化された技術を利用し、IPおよびSIPをベースに、携帯電話用パケット網で新しいマルチメディアサービスを実現する。ブレードサーバ向けボード規格Advanced TCA(ATCA)や汎用サーバなどのマルチプラットフォームに対応しており、信頼性も高いという。

 今後、ITU-T/TISPANのNGN標準、IPv4およびIPv6の両アドレス体系でのサービス展開など、機能の強化を進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!