インフォマティカ・ジャパン、Informatica PowerExchange日本語版を出荷

CNET Japan Staff 2005年12月22日 21時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォマティカ・ジャパンは12月21日、「Informatica PowerExchange」日本語版の出荷を同日より開始したと発表した。

 PowerExchangeは、メインフレームシステムに対するバッチ、変更(Change/CDC)、およびリアルタイムのオンデマンド・アクセス機能を提供するソフトウェア。暗号化技術とアクセスログの管理でデータの整合性を保証し、ネットワークの機能停止によるプロジェクトリスクを低減できる。処理が中断したプロセスを識別し、即時にセッションを再開するリカバリオプションも搭載している。

 また、同社のデータ統合プラットフォーム「PowerCenter」と組み合わせて利用することで、メインフレームに蓄積されているデータも利用できる統合的なエンタープライズデータ環境を構築可能だ。

 PowerExchangeは、メインフレーム(IBM OS/390、z/OS)環境内で稼動する。フラットファイル、VSAM(KSDS)、IBM DB2をサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!