NTTデータ、異なる企業・組織間でオンデマンドVPN接続を実現する新技術

WebBCN (BCN) 2005年12月26日 11時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ(浜口友一社長)は、通信相手のアドレスを互いに仮想化し、個別に設計されたネットワーク(LAN)間でもVPN通信を可能とする、新たな接続ネゴシエーション技術を開発したと発表した。従来のVPN技術では実現できなかった、異なるプライベートアドレス空間に所属する端末間でVPN接続を、サーバーを介さずに実現するもの。

 新技術の評価には、もしもしホットライン、日本アビオニクス、アート、NTTソルコ、NTTデータの5社が参加。インターネットを用いたリモートメンテナンスや臨時ネットワーク利用を実現する技術として技術評価を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR