ケーブルウエスト、ノーテルのERS8600導入で映像提供サービスを強化

CNET Japan Staff 2005年12月26日 17時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノーテルネットワークスは12月26日、ケーブルウエストが大阪府内の6つのグループ会社を結ぶ通信バックボーンに、ノーテルのコアネットワーク向けシャーシ型レイヤー3スイッチ「Nortel Ethernet Routing Switch 8600(ERS8600)」を導入したことを明らかにした。

 このネットワークは、ケーブルウエストの進めるテレビ、インターネット、電話というトリプルプレイに対応し、今後の利用者増や、さらなるサービス強化に対応する。遅延が許されないデータの転送に最適な新しいネットワークとして、ノーテルのソリューションが採用された。

 ケーブルウエストはこれまで、6つのグループ会社を光ファイバーで接続し、社内情報をバックボーンネットワークを通じてやり取りしてきた。今回のERS8600導入により、自主放送用の映像データをIP化し、グループ会社間でのデータ共有化、番組送出の集中化を進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR