NEC、EIPソフト「StarOffice21」の電話帳機能や情報漏えい対策を強化

ニューズフロント 2005年12月26日 21時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月26日、グループウェア/電子電話帳機能や情報漏えい対策などを強化した企業情報ポータル(EIP)ソフト「StarOffice21」の販売を開始した。2006年1月5日より順次出荷を始める。

 機能強化版では、携帯電話向けグループウェア機能を提供する「StarOffice21/PocketWeb」に、グループスケジュール管理や施設予約といった新機能を追加した。携帯電話で電話番号や電子メールアドレスの検索を可能とするソフト「StarOffice21/電子電話帳 for Mobilephone」には、携帯電話から自分のプレゼンス情報を登録できる機能を付加した。

 相手の状況に応じて電話や電子メールなど最適なコミュニケーション手段を選択できるソフト「StarOffice21/コミュニケーションポータル」は、ソフトフォンだけでなく手元の電話機からも発信できるようになった。さらに、相手が電話中かどうかを参照できる機能や、グループメンバ間で共有可能な個人電子電話帳機能も新たに提供する。

 情報漏えい対策としては、文書管理機能のアクセス権として「持ち出し権」を加えた。そのうえで、文書閲覧システム「DocumentSkipper」と連携させ、持ち出し権のない利用者に対しては対象文書を画像形式でのみ参照可能とし、参照時の印刷や文書のダウンロードも制限する。また、個人電子電話帳機能は電話帳データをサーバ上で管理するため、携帯電話の紛失や盗難時の情報漏えいを防止できる。

 機能強化版StarOffice21の税別価格(50ユーザー時)は以下のとおり。NECでは、今後3年間で1000システムの販売を見込んでいる。

  • StarOffice21/PocketWeb:29万5000円から
  • StarOffice21/電子電話帳 for Mobilephone:100万円から
  • StarOffice21/コミュニケーションポータル:480万円から
  • StarOffice21 DocumentSkipper連携オプション:180万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?