インフォスクエアなど3社、中小規模ネットワーク向けウィルス&迷惑メール対策製品を出荷

CNET Japan Staff 2005年12月28日 04時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフォスクエアとターボリナックス、日本エフ・セキュアの3社は12月27日、Linuxベースのセキュリティソリューションで提携すると発表した。この提携でインフォスクエアは、中小規模ネットワークを対象とした低価格なウィルスおよび迷惑メール対策アプライアンス「NetSieve(ネットシーブ)」の販売を開始する。

 NetSieveは、WANとLANの境界に設置し、インターネットと構内に接続されているすべてのクライアントPCとの間を通過する通信データを常時監視するアプライアンス製品。電子メールやWebページに仕組まれたウィルス、迷惑メールを自動検出して排除する。

 ターボリナックスのLinux OS「Turbolinux 10 Server」と日本エフ・セキュアのセキュリティエンジン「F-Secure AntiVirus Linux Gateway」を組み合わせ、インフォスクエアが開発および運用サービスを提供する。総販売元はインフォスクエアで、主に販売店を通じて提供する。価格は、接続端末25台の場合、設定費込みで30万円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから