Lockheed Martin Aeronautics、F-35統合攻撃戦闘機開発にIBMとダッソーのPLMソリューションを採用

CNET Japan Staff 2005年12月28日 04時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米IBMとダッソー・システムズは12月20日、Lockheed Martin Aeronauticsが、米国および英国の第5世代高性能軍用機となるF-35統合攻撃戦闘機(JSF:Joint Strike Fighter)向けに、両社のPLMソリューションを導入したことを発表した。

 F-35 JSFは、米国、英国および両国の同盟国向けの第5世代マルチロール超音速ステルス航空機。AV-8Bハリアー、A-10、F-16、F/A-18ホーネット、および英国のハリアーGR7とシーハリアーに代わる次世代航空機として設計されている。

 Lockheed Martinは、このプロジェクトのプライムコントラクターに選ばれ、「CATIA V4」からV5への移行を可能な限り迅速に進めることを決定。製品開発にはCATIA V5を利用し、製造シミュレーションにもダッソー・システムズ製の「DELMIA」を活用する。これにより、同社の担当チームは、長期的なコストの削減と効率化を目指す。

 Lockheed Martinでは、2006年2月のCATIA V5の稼働を確実とすべく、主要関係者と共同で、導入スケジュール、トレーニングとITについての計画、関連するコスト、リスクとその緩和対策などを盛り込んだ移行計画を作成した。社内だけでなく、サプライヤーやパートナーともコラボレーティブに作業を進めていく計画だ。

 IBMとダッソー・システムズは、製品関連の機能に関する教育およびトレーニングを含めた導入サービスを提供し、このパーチャルな開発環境をサポートする。なお、同PLMソリューションは、IBM IntelliStation M-Proワークステーション上で実行される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR