ワークスアプリケーションズ、統合型資金管理パッケージ「COMPANY Cash Management」を出荷

CNET Japan Staff 2005年12月28日 04時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワークスアプリケーションズは12月27日、「COMPANY 会計シリーズ」の新製品を同日より正式に出荷すると発表した。新たに出荷されるのは、「COMPANY Cash Management」。すでにイワキなど3社がパイロット導入している。

 COMPANY Cash Managementは、統合的な財務/資金管理を実現する会計パッケージ。会計システムにおけるキャッシュベースの情報提供をスムーズに行い、大手企業の財務/資金管理業務に対応する。

 ワークスでは、情報の一元化や、一般的なキャッシュマネジメントシステム(CMS)機能の利用による事務や資本のコストダウンだけでなく、将来的なキャッシュフロー予測、財務リスクの分析も可能になるとしている。外部システムとのデータ連携も可能。

 ワークスは、これまでCOMPANY会計シリーズとして、3製品を順次出荷してきた。この新製品の出荷で、COMPANY会計シリーズ製品群が出そろったことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?