ニイウス、長崎県民信用組合の勘定系オンラインの受託サービスを本番稼働

CNET Japan Staff 2006年01月05日 03時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニイウスは1月4日、沖縄県浦添市にあるニイウス浦添データセンターにおいて、長崎県民信用組合向けの金融機関勘定系オンラインシステムの受託サービスを本番稼働させたことを発表した。ニイウスにとって、銀行業務の受託サービス提供は初めて。

 長崎県民信用組合は、これまで自前の勘定系オンラインシステムを稼働してきた。今回の本番稼働では、ニイウス浦添データセンターと長崎県民信用組合の各本部・営業店を完全二重化された高速回線で結ぶ。金融特区としての利点を生かし、通信費用も削減できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?