日本ユニシス、大光銀行と京都中央信用金庫の新基幹系システム開発を完了

CNET Japan Staff 2006年01月05日 03時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは1月4日、大光銀行と京都中央信用金庫の新基幹系システム開発を完了し、2006年1月の各機関初営業日から本番稼働を開始したことを明らかにした。

 大光銀行は、日本ユニシスの第二地方銀行アウトソーシングセンターに加盟し、銀行業務全般にわたるシステムのアウトソーシングを日本ユニシスに委託した。このアウトソーシングセンターの基幹システムは、日本ユニシスが開発した勘定系パッケージ「TRITON(トライトン)」がベースになっている。

 一方の京都中央信用金庫は、これまでのオーダーメイドシステムを刷新し、日本ユニシスの地域金融機関向け勘定系システム「SBI21」を導入した。SBI21は、分析・設計工程にオブジェクト指向技術を採用した勘定系パッケージ。信用金庫側で「単独自営形態」「アウトソーシング形態」を選択でき、京都中央信用金庫は「単独自営」を選択した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!