富士通SSL、コールセンターの電話応答を録音して共有/分析するサービスを発売

ニューズフロント 2006年01月05日 14時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は1月5日、コールセンター向け音声録音/共有/分析サービス「音声コンタクト 安全・安心・活用サービス」の提供を1月10日に開始すると発表した。ソフト費用を除いた価格は100万円からとなっている。

 このサービスは、コールセンターで受けた顧客からの問い合わせや要望、クレームなどの情報を、そのまま音声データとして蓄積する。保存したデータは、フィールドサービス担当者や営業担当者にそのまま転送したり、関係者のあいだで共有したりできる。データの抽出および分析機能を備え、音声データを波形としてグラフ表示することで、顧客の不満度やいらだち度などの可視化も可能という。

 オニックス・ソフトウェアのCRM製品「Onyx Enterprise CRM」を核とする「統合CRMフレームワーク」と、アニモの通話録音ソフト「VoiceTracking」とを連携させて実現した。富士通SSLが、導入コンサルタントからシステムの構築、運営支援までを担当する。

 富士通SSLでは、今後3年間で2億円の売り上げを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから