CA、アプリケーション管理ソフトウェア企業Wilyを買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部) 2006年01月06日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT管理ソフトウェアベンダーのComputer Associates International(CA)は米国時間5日、アプリケーション管理ソフトウェアを提供するWily Technologyを3億7500万ドルの現金で買収する計画であることを明らかにした。

 CAはWilyを買収した後、Enterprise Systems Management事業部の下でWilyの事業を進める計画だ。CAは、買収完了後30日以内に製品統合のためのロードマップを明らかにするとしている。買収は3カ月以内に完了の見込みという。

 非公開企業のWilyは、カリフォルニア州ブリスベーンに本拠地を持ち、アプリケーションの遅延やダウンを検出および診断するアプリケーション管理ソフトウェアを提供する。同社の技術は、世界450以上の企業や政府機関に導入されているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR