TI、センサーズ&コントロールズ事業を30億ドルで売却--RFID事業は継続

ニューズフロント 2006年01月10日 16時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Texas Instruments(TI)は、投資会社の米Bain Capitalにセンサーズ&コントロールズ事業を30億ドルで売却する。ただし、無線ICタグ(RFID)事業は売却対象としない。

 TIのセンサーズ&コントロールズ事業は、家電、冷暖房器具、照明器具、自動車、航空機など向けのセンサーおよび制御部品を供給しており、年間売上高は約10億ドル超ある。マサチューセッツ州アテルボロ市に事業本部を置き、米国、欧州、アジアに計5400人の従業員がいる。

 この売却について、TI社長兼最高経営責任者(CEO)のRich Templetonは「TIにとっては、ビジネスの中核であるデジタルシグナルプロセッシングおよびアナログ半導体製品にさらに注力でき、センサーズ&コントロールズ事業にとっては、今後の事業拡大に向けて必要となる投資や戦略的資源の確保の道が広く開かれる」と述べる。

 売却手続きは2006年上半期に完了する見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR