サンとケイデンス、提携拡大でEDAアプリケーションを広範にサポート

CNET Japan Staff 2006年01月11日 00時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Sun MicrosystemsとCadence Design Systemsは1月3日、CadenceがEDA(電子回路設計支援ツール)ベンダーとして初めてSolaris 10のSPARC/x64版(AMD Opteronプロセッサ、またはSun UltraSPARCプロセッサ搭載のSun Fireクライアントおよびサーバに対応)を広範にサポートすることを発表した。

 この発表に伴い、両社は提携関係を拡大し、Cadenceの製品/サービスに関する複数年契約を結んだ。また、90ナノマイクロプロセス以降のIC設計課題に対応した新たなソリューションを開発していくことにも合意している。

 Cadenceは、Cadence Encounter digital ICdesign platform、Virtuoso custom design platform、Incisive functional verification platform、Cadence Design for Manufacturing(DFM)の各製品でAMD Opteronプロセッサ搭載のSun Fire x64(x86、64ビット)サーバおよびクライアントに対応したSolaris 10をサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!