マイクロソフトから1月の月例パッチ--「緊急」レベルの脆弱性を修正

文:Joris Evers(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年01月11日 10時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月10日、2つの「緊急」レベルのセキュリティ脆弱性を修復するパッチをリリースした。脆弱性のうち1件はWindowsに、もう1件は電子メールクライアント「Outlook」およびメールサーバ「Exchange」に関するもの。

 同社が月例パッチリリースの一環として発表した2件のセキュリティ情報によれば、これらの脆弱性が悪用されると、Microsoft製ソフトウェアが稼働する脆弱なPCもしくはサーバの完全な制御権が攻撃者に奪われるおそれがあるという。

 Windowsの脆弱性はウェブフォントを処理する方法に存在するもので、同OSの現行の全バージョンに影響を及ぼす。ユーザーが悪質な電子メールを開封したり、同様のウェブサイトを閲覧したりすると、脆弱なWindowsシステムに問題が起こるおそれがあると、セキュリティ情報「MS06-002」には記されている。

 一方、セキュリティ情報「MS06-003」では、OutlookおよびExchangeが特定の電子メールメッセージをデコードする方法に脆弱性が存在していることが明らかにされた。攻撃者が作成した悪質な電子メールメッセージをExchangeで処理したり、Outlookで閲覧したりすると、脆弱なシステムが悪用されるおそれがある。

 どちらの脆弱性も外部の研究者によって発見され、Microsoftに報告された。現時点ではこれらを悪用した攻撃は確認されていないという。バグを修復するパッチはオンラインで入手可能だ。Microsoftは同パッチを至急適用するよう、ユーザーに促している。

Windowsで問題続く

 Microsoftは米国時間10日に、2006年初めての月例パッチリリースを行った。だが同社は先週、こうした月例リリースとは別に、Windowsのほかの深刻な脆弱性を修復するパッチを発表している。この脆弱性は同OSが「Windows Meta File」画像を展開する方法に存在するもので、すでに攻撃に悪用されていると、専門家は話している。

 また米国時間9日には、人気の高いメーリングリストのなかで、Windowsの画像処理法に関する2件の問題が新たに明らかにされた。問題を把握したMicrosoftは、これらはセキュリティの脆弱性ではなく、パフォーマンスの問題だと述べている。

 同社によれば、セキュリティ情報「MS06-003」は、「Exchange Server 2003」「Exchange Server 2003 Service Pack 1」および「Exchange Server 2003 Service Pack 2」を除く、ExchangeおよびOutlookソフトウェアの全バージョンに影響を及ぼすという。この問題は、メッセージを「Rich Text Format」で送信するための「Transport Neutral Encapsulation Format(TNEF)」プロトコルを使用する電子メールを処理する際に発生する。Exchangeでは暫定的にTNEFをブロックするよう、Microsoftはユーザーに勧めている。

 Windowsの脆弱性はeEye Digital Securityが、ExchangeおよびOutlookの脆弱性はNext Generation Security Softwareが発見し、Microsoftに報告した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?