富士通BSC、PC操作ログを一元管理する「FENCE-Tracer Server」を販売開始

田中好伸(編集部) 2006年01月11日 18時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は1月11日、PC操作ログをサーバ上で一元管理するソフト「FENCE-Tracer Server」を1月12日から販売開始すると発表した。価格は1ライセンス当たり52万5000円。

 FENCE-Tracer Serverは、同社のセキュリティソフト「FENCE」シリーズが取得するPC操作のログをサーバで管理・参照できる。サーバでは複数の監視対象PCの操作ログを専用のデータベースで保管する。管理者は、収集されたログをリポート機能で多角的に分析できる。

 FENCEシリーズは、クライアントPCのエンドユーザーが操作ログを参照できる「FENCE-Tracer」、PC内のファイルを暗号化する「FENCE-Pro」、記録媒体やプリンタ出力を制限する「FENCE-G」、USBキーで本人認証し、PCの不正利用を防止するための「FENCE-AP」からなる。

 富士通BSCは、FENCE-Tracer Serverの販売にあわせて、FENCEシリーズ各製品の機能を強化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!