SPSS、スタンドアロン版のデータマイニングツール「Clementine Desktop」を提供開始

CNET Japan Staff 2006年01月12日 02時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エス・ピー・エス・エス(SPSS)は1月11日、データマイニングツール「Clementine」のスタンドアロン版「Clementine Desktop」の提供を同日より開始すると発表した。

 Clementine Desktopは、PC単体で利用できるスタンドアロン型のデータマイニングツール。データマイニングに基づくレポーティングや顧客のセグメント化に必要なデータの加工や分析機能を持つ「Clementine Desktop Base」を基本モジュールとし、分析ニーズに応じて「Clementine Desktop Classification」「Clementine Desktop Segmentation」「Clementine Desktop Association」の3つモジュールから選択、組み合わせて使用できる。

 グラフなどのレポーティング機能も充実しており、Excelやテキスト形式をはじめ、HTMLや画像ファイルなどで出力することも可能。すでに2005年8月から試験的に公共機関/非営利法人に限定して提供し、好評価を得たことから、今回広く一般企業ユーザー向けにも提供することになった。

 対象となるユーザーは、アナリスト、調査担当、顧客ターゲティングといったCRM、品質管理分析などの業務担当者など。標準価格は最小構成(保守料込み)で144万円より。初年度300ライセンス、5億円の売上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!