MCJ、コールセンター業務のウェルコムを15億円で買収、完全子会社化

WebBCN (BCN) 2006年01月12日 11時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MCJ(高島勇二社長)は11日、コールセンター業務のウェルコム(村田峰人 社長)の全株式を取得し、完全子会社化したと発表した。

 取得金額は約15億円で、親会社のアイ・シー・エフ(佐藤克社長)からウェ ルコム株、33万4989株を1株あたり4480円で買い取った。MCJではグループやPC や周辺機器の共同購買組織「PC・JAPAN」に参加する企業のサポート業務をウ ェルコムに集約することで、サポートレベルの向上と業務の効率化を図る。

 ウェルコムは98年設立、従業員は79名で、おもな業務は通信事業者をはじめ とするコールセンターへのオペレーター派遣など。04年12月期の売上高は8億7804万円、経常利益は6583万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!