松下電工ISとセールスフォース、Salesforce連携ソリューションの技術提携に合意

エースラッシュ 2006年01月16日 21時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電工インフォメーションシステムズ(松下電工IS)とセールスフォース・ドットコムは1月16日、「Salesforce」と企業内基幹情報システムの連携ソリューションにおける技術提携に合意したと発表した。

 セールスフォース・ドットコムが提供するSalesforceは、マーケティング/営業/サポート部門を支援、優良顧客の発掘/獲得/維持を目的としたオンデマンドCRMサービスだ。顧客情報/営業状況/売上状況など企業内に存在する営業情報をリアルタイムで可視化できるほか、SFA/カスタマーサービス&サポート/マーケティング支援/多角度分析などCRMに必要なアプリケーションをASPで提供する。

 今回の提携により、両社はSalesforceと企業内基幹情報システムのSIソリューションを提供する。松下電工ISはCRM分野でのソリューション拡充を、セールスフォース・ドットコムでは大規模企業での導入促進および松下電工ISの販売網により更なるユーザー数拡大を目指す。なお、Salesforceとの連携にはインフォテリアの情報システム連携ソフトウェア「ASTERIA」を採用予定。今後は松下電工ISが連携をスムーズに実行できるオプションアダプタを開発し、2006年4月を目処にSIソリューションを販売開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR