オムロン、法人向けルータ設置・保守サービスの値下げと拡充を発表

CNET Japan Staff 2006年01月16日 21時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オムロンは、同社が提供する法人向けブロードバンドルータ設置・保守サービスについて、従来サービスの価格を最大で約40%値下げすると共に、新メニューの追加を行うと発表した。新たな料金体系とメニューによるサービスは、1月17日より開始される。

 同社が提供するブロードバンドルータ設置・保守サービスは、「オンサイト設置サービス」「年間オンサイト保守サービス」「年間先出しセンドバック保守サービス」の3つ。

 技術員が顧客のルータ設置場所に出向いて設置作業を行うオンサイト設置サービスでは、従来から提供していた「設定あり」「設定なし(機器設置のみ)」のメニューをそれぞれ値下げし、新たに「設定変更(作業時間2時間)」のメニューを追加した。対象機種が「MR1000」の場合の価格は、設定ありの場合が6万6150円(従来価格8万1375円)。設定なしの場合が3万9900円(従来価格5万5125円)。設定変更が2万3100円。

 技術員が顧客のルータ設置場所に出向いて、代替機との交換作業や動作確認を行う年間オンサイト保守サービスは、従来から提供していたウィークデー・9時から17時までのサービスに加え、24時間365日を対象とした保守サービスを開始する。対象機種がMR1000の場合の価格は、ウィークデー・9時から17時までのものが2万3100円(従来価格3万1500円)、24時間365日を対象としたものが2万7300円。

 ルータに故障が発生した場合に、先に設定済みの代替機を送付し、代替機の到着後に顧客が故障したルータを送り返す「年間先出しセンドバック保守サービス」についても値下げを行う。対象機種がMR1000の場合の同サービスの新価格は1万4700円(従来価格1万8900円)。

 オムロンでは、今回のルータ設置・保守サービスの値下げとメニュー拡充により、多数の拠点に安価で安定したルータを大量に導入したいユーザーを中心に、拡販を進めていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?