GMOグループ、CMS導入済みのサーバーホスティングサービス

目黒譲二 2006年01月16日 21時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットグループのサーバー事業ならびにセキュリティ事業を担当するGMOホスティング&セキュリティは1月16日、パナソニックデジタルネットワークサーブと提携し、「CMSスタンダードプラン」の提供を開始する。

 同プランは、ホスティングブランド「ラピッドサイト」で企業向けのウェブサイト構築・運用を行うコンテンツマネジメントシステム(CMS)を搭載したホスティングサービスだ。

  1. インストール作業が不要
  2. HTMLの知識がなくてもウェブブラウザ上からウェブページを作成・更新
  3. 情報開示の承認フローをシステム化
  4. リンク切れがない
  5. ウェブページの公開や公開終了のタイミングの設定が容易

--といった特徴がある。コストの問題で自治体、教育機関、大企業などに限られていた企業向けCMSを、導入しやすい価格で提供するとしている。

 初期設定料は52万5000円、月額料金は12カ月契約が13万6500円、6カ月契約が14万7000円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!