デル、Pentium Dなどを搭載可能なエントリークラスのワークステーションを発売

ニューズフロント 2006年01月17日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは1月17日、インテルPentium Dプロセッサ950(動作周波数3.40GHz)またはインテルPentiumプロセッサ エクストリーム・エディション955(動作周波数3.46GHz)を選択可能なエントリークラスのワークステーション「Dell Precision Workstation 380」の販売を開始した。

 Pentium Dは、演算コアを2つ内蔵するデュアルコアプロセッサ。FSBのクロック周波数は800MHz。一方、Pentiumプロセッサ エクストリーム・エディション955のFSBクロック周波数は1066MHz。いずれも、2Mバイトのレベル2キャッシュメモリを2系統備える。インテルEM64Tに対応しており、デルでは「64ビット対応の大容量アプリケーションを快適に動かせる」としている。

 構成例と税込み価格は以下のとおり。

Pentium D 950搭載モデル

  • チップセット:インテル955X Expressチップセット
  • メモリ:512Mバイト(デュアルチャネルDDR2-SDRAM
  • ハードディスク:80Gバイト(SATA II、7200rpm)
  • 光学ドライブ:最大48倍速CD-ROMドライブ
  • オーディオ:AC97サウンドコントローラ(オンボード)
  • グラフィックス:64MB NVIDIA Quadoro NVS 285 PCI Expressグラフィックスカード
  • ネットワーク:10/100/1000ギガビットイーサネット
  • OS:Windows XP Professional SP2日本語版
  • 価格:30万8175円

Pentiumプロセッサ エクストリーム・エディション955搭載モデル

  • チップセット:インテル975X Expressチップセット
  • メモリ:4Gバイト(デュアルチャネルDDR2-SDRAM)
  • ハードディスク:160Gバイト(SATA II、7200rpm)
  • 光学ドライブ:DVD/CD-RWコンボドライブ
  • オーディオ:AC97サウンドコントローラ(オンボード)
  • グラフィックス:512MB NVIDIA Quadoro FX 4500 PCI Expressグラフィックスカード
  • ネットワーク:10/100/1000ギガビットイーサネット
  • OS:Windows XP Professional SP2日本語版
  • 価格:61万7925円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR