日本ユニシスとRSAセキュリティ、認証セキュリティ分野で協業

CNET Japan Staff 2006年01月18日 03時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスとRSAセキュリティは1月17日、認証セキュリティ分野で協業し、日本ユニシスがRSAセキュリティのIAM(個人認証とアクセス管理)製品の販売代理店となる契約を締結したことを発表した。日本ユニシスは、同日よりIAMソリューションの提供を開始する。

 日本ユニシスは、ワンタイムパスワードの「RSA SecurID」、複数のWebサイトに対するシングルサインオンを実現する「RSA ClearTrust」および「RSA Federated Identity Manager」を新たに同社のIAMソリューションとしてラインアップする。これらの製品の組み合わせにより、情報システムのセキュリティの水準を高めながら、ユーザーの使い勝手も向上させたい考えだ。

 今回の販売代理店契約締結で日本ユニシスは、今後2年間でIAMソリューション分野3億円の売上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!