ネットマークス、携帯電話利用したネットワーク認証システムを販売開始

ニューズフロント 2006年01月18日 17時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットマークスは1月18日、携帯電話を利用したネットワーク認証システム「ProtectID」を販売開始すると発表した。キーロガーなどのスパイウェアによるID、パスワードの盗み取り防止に役立つという。

 提供元である米StrikeForce Technologiesと販売代理店契約を締結。日本国内のほか、中国と東南アジア5カ国で独占的に販売する。価格は500人の利用を想定したモデルケースが400万円から。携帯電話関連会社などの需要を見込み、1年間で2億円の売上げを目指す。

 ユーザーがウェブサイトでIDを入力すると、サーバ上のシステムがIDに対応した携帯電話の番号を呼び出す。音声案内に従い、携帯電話からパスワードを入力することで認証が行える。

 IDとパスワードを同時に入力する認証方式に比べ、なりすまし行為などの被害を受けにくいという。またパソコンがキーロガーに感染した場合、入力したID、パスワードを盗み取られる危険を低減できるとしている。

 このほか、ユーザーの携帯電話機を認証に利用できるため、新たな機器やソフトウェアを配布する必要がなく、短期間でシステムを導入できるメリットもあるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから