グレープシティ、フレキシブルグリッドを「Visual Studio 2005」に対応

CNET Japan Staff 2006年01月19日 10時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グレープシティは1月19日、「ComponentOne Studio 2006 日本語版(コンポーネントワンスタジオ)」などの新製品を2006年2月下旬に発売することを発表した。

 最上位エディションであるEnterpriseの価格はパッケージ版、ダウンロード版共に28万3500円。ComponentOne Studioは、.NET のWindowsフォームとWebフォーム、.NET CompactFramework、およびActiveXのコンポーネントのセットとなる。また、グリッド、チャート、帳票など、あらゆる開発ニーズにこたえることができる。

 ComponentOne Studioに含まれるグリッド「FlexGrid for .NET」は、Visual Studio 2005にいち早く対応し、Visual Studio 2005専用コントロールを同梱している。また、大規模向けデータグリッド「True DBGrid for .NET」は非連結モードをサポートした。

 FlexGrid for .NET、True DBGrid for .NETは単体製品としても同時発売される。

 今回のバージョンアップでは、すべての製品に加え、モバイルデバイス用、ActiveX用のコンポーネントを収録。後述のFlexGrid for .NET、True DBGrid for .NET の新バージョンが加わったほか、以下の製品のVisual Studio 2005専用コントロールが収録されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!